Anacondaのインストール

Anaconda で Python の実行環境を作った際のメモです。

Anacondaとは

Pythonの人気ディストリビューションのひとつ。
Windows, macOS, Linux に対応。

2018年現在の Windows では、公式パッケージよりも Anacondaをインストールするほうが良いようだ。

また、Pythonと一緒に便利な関連ツールもインストールできる。

  • Jupyter Notebook
  • JupyterLab
  • Qt Console
  • Spyder
  • Visual Studio Code (VSCode)

これらはインストール後にランチャーから削除もできるので、とりあえず入れて使ってみるのがオススメ。

anaconda_navigator_ss.png
ランチャーの "Anaconda Navigator"

インストール

Anaconda (Python 3 の 64bit版)を公式サイトからダウンロード。
Miniconda という、最小構成のパッケージもある。

何れも日本語化はされていないが、英語力はそれほど必要ない。
インストールオプションはデフォルトでも大丈夫。インストール先と、環境変数のパス追加はお好みで変更。インストール時間は15分前後かかる。

Anaconda のインストール後に、続けて VSCode の同時インストールができる。こちらは日本語化済み。

使い方

関連ツールやパッケージ管理のランチャーとして Anaconda Navigator が付属している。初回はこれを使うと機能が解りやすい。
ただ、Navigator の起動はまあまあ重いので、Anaconda Prompt などのコマンドラインから Jupyter Notebook や conda を呼び出すほうが便利かもしれない。

VSCode はもちろん、単独で起動できる。

Python 2.7のインストール

Anaconda では他のバージョンの Python も追加インストールして、いつでも切り替えて利用できる。この機能は一般に仮想環境と呼ばれる。

インストールは Anaconda Prompt を起動して、conda createコマンドで行う。

> conda create -n py27 python=2.7 anaconda

コマンドの最後にanacondaを付けると、各種追加パッケージも一緒にインストールされる。この場合は結構時間がかかるので、調べ物でもしながら気長に待とう。

完了すると py27 という別環境が構築されるので、この名前を指定して切り替える。
すぐに切り替わるので、続けてバージョンを確認。

(base) C:\> activate py27
(py27) C:\> python --version
Python 2.7.14 :: Anaconda, Inc.

deactivateで元の環境(Python 3)に戻る。

> deactivate

conda

conda は Python のパッケージマネージャ。pip に類似したコマンドを持つ。
Pythonの別バージョンの共存インストールもできる(上記参照)。

パッケージのインストールはconda installで行う。

> conda install パッケージ名

conda でパッケージを探して無ければ pip も使える。
但し、conda と pip にはパッケージのフォーマットに互換性がないので、併用する際には双方で管理するパッケージ群が重複しないように注意が必要なようだ。conda には無いパッケージも結構あるので、このあたりが Anaconda の弱点かも。

パッケージ追加エラーの謎

僕の開発環境(Windows 10, 64bit)では、コマンドラインからパッケージを追加すると、毎回赤文字でずらっとエラーが出る。しかしインストールは成功しているようで、再度追加しようとすると今度はインストール済みと表示される。また、モジュールは import して問題なく使える。

インストール時に Windows の管理者権限を付与してもしなくても同じなので、それが原因でもないようだし、良くわからない(´・ω・`)?

テーマ: ソフトウェア開発 - ジャンル: コンピュータ

バッチファイルを UTF-8 で書く

現在の Windows では、コードページ指定をすればコマンドラインで UTF-8 を書くことができます。
そこで、バッチファイルを UTF-8 で書く際に気をつけるべき点をご紹介します。

UTF-8に変更したコマンドプロンプト
UTF-8に変更したコマンドプロンプト

コードページを変更する

コードページは、特定の文字コードを表す Windows 特有の番号で、SJISは 932、UTF-8 は 65001 です。
コードページを変更する為、バッチファイルの先頭で chcpコマンドを指定します。

@echo off
chcp 65001

改行コード

バッチファイルを UTF-8 で保存するとき、改行コードを LF (Unix形式)にしてしまいたくなりますが、これだと上手く動作しない場合があります。
改行コードは必ず、CR+LF (Windows形式)で保存しましょう。

対応フォントを指定

文字化けを防ぐ為に、コマンドプロンプトのプロパティ(または既定値)の「フォント」タブで、UTF-8 の表示に対応した等幅フォントを指定します。

「MSゴシック」や「MyricaM M」が対応しているようです。なお、残念ながら Microsoft 製の視認性が高い等幅フォント Consolas は対応していません。

表示できない文字もある

絵文字や外国語など、日本語の文字コードには無い文字は、上手く表示できないようです。指定したフォントには該当文字が存在しない為だろうと思います。

しかしコードページ指定が全く無意味なわけではなく、コードページに従って内部処理は正常に行われています。その為、Unicode の文字列をコマンドでアプリケーションに渡したり、リダイレクトでファイルに書き込むことが出来るようになります。

なお、コードページ 932 のままでも一部の Unicode 文字は表示されますが、ファイルに書き込む等すると文字化けします。

PowerShellの場合

PowerShellではコードページ 932 と 65001 の何れでも、echo コマンドなどをリダイレクトしてファイルに保存すると、UTF-16LE(BOM付き)として出力されます。

また、コマンドプロンプトでは 932 のままだと文字化けするようなケースでも、PowerShell だと上手く動作する場合がありますが、65001 に変更したほうが確実に動作しますので、それについては省略します。

※ 全て2018年04月時点の Windows 10 (64bit) で確認しました。

参考サイト

テーマ: ソフトウェア開発 - ジャンル: コンピュータ

汎用JPの移転申請手順

汎用JPドメインの移転方法は、ドメイン単位での「移転」手続きと、登録者単位での「指定事業者変更」手続きの二種類があります。

指定事業者変更は無料ですが、移転の場合にはJPドメインの1年分の更新料も同時に払う必要がある為、費用がかかります。ただ、前述のように更新料に充当されるので、移転による何らかの手数料が不要なら、実質的な費用は同じです。

持っているドメインが一つだけの場合は、何れの方法でも結果的にはほぼ同じですが、移転の場合は形式上、新たにJPRSに利用者登録をして、そちらにドメインを移すという形になります。

そんなわけで、汎用JPをバリュードメインからスタードメインに移管してみたので、その手順をご紹介します。

移転元(バリュードメイン)での作業

  1. ドメインロックを解除する。
  2. WHOIS情報・汎用JP登録者情報を確認、必要があれば修正。
  3. 移転先のネームサーバを設定。
    • スタードメインでは事前にネームサーバを触れなかったので、移転後に設定する。
  4. JP以外のドメインの場合は認証キーを確認 (汎用JPには認証キーは無く、不要)。

移転先(スタードメイン)での作業

  1. スタードメイン に登録。
  2. 「移管申請」より移転するドメイン名を入力して、指示に従い申請を完了する。
    • このとき移管後の1年分の更新料が必要になる。
    • 移管後は、現在の更新日より1年分延長される。
    • どうやら更新料の支払日は移管した月が基準になるようなので、ドメインの更新月の前月くらいに移転するのが良いかも。
  3. バリュードメインから「汎用JPのドメイン移転 申請の承認依頼」メールが届く。
    • 記載してあるバリュードメインのURLを開き、内容を確認して「承認」を選択。拒否すると移転できないので慎重に。
    • 当日もしくは翌営業日には(たぶん)移転完了する。

ドメイン移管完了後

移管が完了するとスタードメインからメールが届くので、移管前にできなかったDNS関連の設定をすぐに行う。

  1. 「スタードメイン管理」の「ドメイン管理ツール」から、「DNSレコード編集」
  2. 「ネームサーバの確認・変更」で「お手軽設定>スタードメイン専用」を選んで設定。
    • ネームサーバ1~3が自動的にスタードメインのネームサーバに変更される。
  3. 登録者情報を必要に応じて変更。

「移転」と「移管」の違い

二種類の移転方法「移転」と「指定事業者変更」は何れも、ドメインの「移管」なのですが、このうちドメイン単位での移管についてのみ、汎用JPを管理するJPRSでは「移転」と呼んでいるようです。

なんだか少々分かり辛い表現ですが、登録者番号を基準に考えるとドメイン単位の移動だけが移転となるわけですね。たぶん。

関連サイト

テーマ: サーバ - ジャンル: コンピュータ

fc2ブログのhttps化

この度、ブログのURLを http から https に変更しました。

fc2ブログのSSL化(=TLS化)対応は少し前から始まっていましたが、何か不具合がありそうで躊躇してました。でも実際にやってみたら、非常に簡単でした。

設定の概要

流れとしてはこんな感じです。

以下、順次解説します。

ブログの設定

最初に、ブログ全体のURLを http から https に変更します。

  1. FC2 BLOG 管理ページ」にログイン。
  2. 右上の「環境設定」をクリック。
  3. 「ブログの設定」の中にある「SSL設定」をクリック。
  4. 説明文を読み理解した上で、SSLを「有効」に変更、転送設定は「302」で「更新する」をクリック。

この設定だけで、ブログは https のURLに変更されます。
変更は特に時間がかかることもなく、1分後くらいには完了していました。

※ なお独自ドメインのfc2ブログは、この方法では https化できません。

テンプレートやプラグインの確認

PC、スマホ等のテンプレート内に設置されたURLを順次確認します。

  1. 管理ページの左側メニューから「テンプレートの設定」を開く。
  2. 現在使用しているHTML及びスタイルシートのテンプレートの中から http:// を検索して、全て // に置換する。
  3. スマホや携帯向けテンプレートも使用している場合には、それらも同様に変更する。

このようにURL先頭の http: を削って // から始まるようにすると、httpsのページ内の // は自動的に https:// と解釈されるようになります。

変更後は、表示確認を行います。変更した結果、httpsでアクセスできないURLがあれば個別に対応します。

httpsではアクセスできないURLが、a要素によるリンクの場合は、httpに戻しても問題ないでしょう。

スクリプトやimg要素の場合は、httpsのページ内にhttpのコンテンツが混在することになり、ブラウザに安全ではないページと判定される可能性がある為、極力httpsに出来るよう個別に対策する必要があります。

続いてプラグインにも同様の確認と変更を行います。

  1. 管理ページの左側メニューから「プラグインの設定」を開く。
  2. 各項目の「詳細」をクリックして「HTMLの編集」などのHTMLタグがある部分を全て確認・変更する。

一つずつ確認するのが面倒な場合は、ブログのソースを表示して http://の箇所がないか検索するほうが楽かもしれません。

個別記事の確認

個別の記事の中に、画像やスクリプト、AdSenseやアフィリエイト広告などのブラウザに読み込まれるURLがある場合、それらも出来る限り修正しましょう。

ブラウザで記事を開いた時に、(Chromeなら)URLの左の欄が「保護された通信」となっていれば、そのページの全てが https で読み込まれているので修正は必要ありません。

「保護された通信」の表示が無い場合は、httpのコンテンツが混在しています。URL欄の( i )マークを押すと警告が表示される他、httpによるスクリプトのURLが含まれている場合、盾のマークも表示されます。

これらは必ずしも全て完璧に修正する必要はありませんが、出来る限りは対応しておいたほうが利用者さんやクローラに対して安全なサイトであると証明することができます。

また、記事数が多い場合は、後日修正していく形でも大丈夫だろうと思います。

転送設定を301に変更

暫く様子を見て特に問題がなければ、fc2ブログ「SSL設定」の転送設定を「301」に変更してSSL化完了です。

その他 (外部コンテンツ)

AdSense

「設定>自分のサイト」に新しいURLを追加します。

Google Search Console

新しいプロパティを追加し、必要ならサイトマップを送信します。
サイトマップのURLは https://fc2ブログのURL/sitemaps.xml です。

httpからhttpsに引き継ぐ為、古い(httpの)プロパティを選んだ状態で右上の歯車マークから「アドレス変更」を選択して1~4を順に確認し、「アドレス変更のリクエストを送信」します。

Google アナリティクス

左下の管理をクリック、「プロパティ設定」を選択して「デフォルトのURL」をhttpsのURLに変更して保存。

一つ前の画面に戻り、「ビュー設定」からビューのコピーを生成。コピーしたほうの「ウェブサイトのURL」を同様に変更して保存します。

テーマ: FC2ブログ - ジャンル: ブログ

FireのKindleストアには無料本が沢山ある

PCのブラウザからAmazonでKindleの無料で読める本を探しても、青空文庫の古典以外はなかなか見つからないのですが、Fireのストアには無料本のカテゴリがあって、その中にはかなり大量に0円で購入できる無料漫画と無料本があります。手順は簡単です。

  1. Fireの「本」アプリを起動。左上のメニュー「」をタップ。
  2. ストアメニューの下の方にある「無料本」をタップ。

すると、大量の無料本が表示されます。

Kindleストア画面 kindle_fire_muryo_book_2.jpg

さらに右上の「フィルタ」でカテゴリを絞り込める…かと思ったのですが、どうやらこれは上手く機能していないようで、あまりヒットしなくなります。面倒ですが、ひたすら「次へ」をタップして探すしかないようです。

無料本のジャンルは主に漫画で、写真集や実用書、自己啓発本などもあるようです。
漫画の場合は1~2巻のみ無料が多いですが、比較的新しい有名作品も読めちゃいます。
一冊のみで完結する作品(小説など)はほとんど無いものの、中には続き物ではない漫画や写真集などもあって、これは一体どうやって儲けているのだろう…と不思議ですね。

小説は青空文庫で素晴らしい古典が色々読めるので、無料本だけでもかなり幅広く楽しめます。
また、Amazonプライム会員ならPrime Readingで色んなジャンルの本を無料で借りて読めるようになりました(2017年末頃から)。結構有名な本もあります。以前は月1冊のみでしたが、今は最大10冊の枠内で、返却すれば何冊でも借りられます。

そんなわけでFireタブレットとプライムがあれば退屈することはなさそうです。 Amazon恐るべし!

テーマ: KINDLE(キンドル)と電子書籍 - ジャンル: 本・雑誌