エクスプローラでサムネイルの枠を外して大きく表示

枠無し(Treatment=0)の設定例

エクスプローラで表示レイアウトを特大アイコン~中アイコンにすると、画像や動画にはサムネイルが表示されます。 その際、サムネイルの外側にドロップシャドウやフィルムのような枠(効果)が付く為、そのぶんだけサムネイル自体のサイズが小さくなってしまいます。
この枠はオプションでは変更できませんが、レジストリを操作すれば枠を無くしたり別の枠に変えたりすることが出来ますので、方法をご紹介します。

対象OS

Windows 10 (Anniversary Update含む) 及び Windows 8, 7, Vista

変更の前に

それほど複雑ではないもののレジストリを変更しますので、変更方法が解る方のみ行ってください。 また、レジストリに間違った変更を加えると Windowsの動作に支障をきたす可能性もありますので、変更作業の際はくれぐれもご注意ください。

レジストリエディタでimageを開いた所

枠の変更

動画のサムネイル枠を変更するケースで説明します。

  1. regedit(レジストリエディタ)を起動します。
  2. 「HKEY_CLASSES_ROOT\SystemFileAssociations\video」を開きます。
  3. DWORD値の「Treatment」 をダブルクリックして開き、数字を入力します。

入力する数字は0から3で、それぞれ下記の枠になります。

効果
0 枠無し
1 ドロップシャドウ (右下方向の影)
2 1と同じ (Vistaではフォトボーダー)
3 フィルムストリップ (フィルム風の枠)

画像の場合は「HKEY_CLASSES_ROOT\SystemFileAssociations\image」を開いて同じように変更します。
設定値は画像には 0、動画には 0か 1がお薦めです。

アイコンの有無

初期状態では、動画のサムネイルの右下にはファイル種別毎のアイコンが付くようになっています。画像のサムネイルには付きません。このオーバーレイアイコンの有無も、レジストリの同じ場所で変更できます。

少し分かり難いのですが、Treatmentと同じ場所に、文字列値「TypeOverlay」が無い状態だと拡張子別のオーバーレイアイコンが表示されます。文字列値「TypeOverlay」有り、中身が空だとアイコンが非表示になります。
(TypeOverlayは表示アイコンを直接指定する為の項目で、空の値は拡張子別アイコンを無効にする。)

もっとも、初期状態のままで特に支障は無いので、この設定を変更する必要はあまり無いでしょう。

変更後は再起動

変更が完了したらレジストリエディタを閉じて、再起動またはサインアウトしてください。設定が適用されサムネイルのスタイルが変わります。

参考

複数フォルダを個別にZIP圧縮する方法 (Windows)

選択した複数のフォルダを、それぞれのフォルダ毎に個別のZIPファイルとして圧縮する方法をご紹介します。

日付や番号順など複数のフォルダを、1つずつ別々にアーカイブ(ZIP化)したい事が時々あります。フォルダが数個なら1つずつ手作業で圧縮しても良いのですが、十個以上あると非常に面倒です。そこで、この作業を自動化できれば便利ですよね。

LhaForgeで個別圧縮

実は、定番の圧縮・解凍フリーソフト LhaForgeでそれが簡単に出来ます。一見そういう機能は無さそうなのですが、LhaForgeのヘルプを見ると下記のように書かれています。

また、CTRLキーを押しながら圧縮することで個別圧縮を行えます。
LhaForge ヘルプ (使い方>右クリックメニュー>圧縮)

※LhaForgeは窓の杜Vectorからダウンロードできます(64bit版Windows10でも動作します)。以下、インストールされていることを前提として解説します。

というわけで、エクスプローラの右クリックメニュー(または右ドラッグメニュー)から LhaForgeの「圧縮」を選ぶ時に、Ctrlキーを押したままの状態で選べば複数選択したフォルダ(とファイル)をそれぞれ個別に圧縮できます。この時に作成されるアーカイブファイル名は、それぞれのフォルダ名と同じになります。

また予め LhaForgeの設定画面で、圧縮共通設定にある「可能ならフォルダより下のファイルを圧縮」にチェックを入れておけば、それぞれのフォルダの中にあるファイルだけで個別圧縮されます。

その他の圧縮・解凍ソフト

こちらも定番の Explzhでも個別圧縮が可能です。設定方法の詳細は公式ページのファイル(フォルダ)を個別に連続圧縮に記載されています。

個別圧縮専用の DropCompresというソフトもあります。 このソフトも便利なのですが、2006年から更新されていないようなので、現在は LhaForgeのほうが安心して利用できます。

なお、最も普及していると思われる Lhaplusでは今のところ、調べた限りでは出来ないようです。

エクスプローラで移動や削除が重いのを改善する(Windows10)

Windows10にして以来、エクスプローラーのファイル操作全般が変に重くて困っていたのですが、解決方法を見つけました。
ファイルの移動や削除、リネーム等の際に暫く固まるような引っ掛かりがある場合、これで改善する可能性があります。

  1. エクスプローラーのメニューバーから「表示>オプション」を選択。
  2. 「全般」タブ内の「プライバシー」の「最近使ったファイルをクイックアクセスに表示する」と「よく使うフォルダーをクイックアクセスに表示する」の二つのチェックを外す。
  3. そのすぐ下にある「エクスプローラーの履歴を消去する」の消去ボタンを押した後、OKを押す。

ファイルの履歴が溜まることで重くなっていたようなので、同様の原因であればこれで劇的に軽くなります。もし違う原因でも履歴が消える以外は特に副作用は無いと思いますので、一度お試しください。

フォルダーオプションのスクリーンショット

Windows エクスプローラーのメモリリーク対処法

Windowsをスリープする等して再起動無しで使い続けていると、利用可能メモリの減少と共に動作が重くなり、結局は再起動せざるを得なくなります。
今回は、これを解消する(かもしれない)方法をご紹介します。

まず、何がメモリを消費しているかタスクマネージャーで見てみると、エクスプローラー(explorer.exe)のプロセスが複数あり、多くのメモリを専有していました。
これはWindows 7以前からある問題ですが、Windows 8でも相変わらず同様です。
Windowsのデスクトップ(シェル)の実体はエクスプローラーですから、重いと感じる主な原因としてこのエクスプローラーのメモリリークが考えられます。

もちろん、Windowsを再起動すればメモリリークは解消するのですが、もっとお手軽に、エクスプローラーだけを再起動して対処してみます。
タスクマネージャーからエクスプローラーを1つずつ再起動…は少々面倒なので、同様の動作をするバッチファイルを作っておくと楽です。


エクスプローラー再起動用バッチファイルの作り方

1. デスクトップ等の適当な場所にテキストファイルを作成。(右クリック>新規作成>テキストドキュメント)
2. そのファイルを開き、下記のように書いて保存。

@echo off
taskkill /f /im explorer.exe
start explorer.exe


3. ファイルを「エクスプローラーの再起動.bat」などにリネーム。


これをダブルクリックして実行するだけで、実行中の全てのエクスプローラを閉じて再起動します。
念のため他のアプリはできるだけ終了させた状態で行うと良いでしょう。

Windows 8のほか、Windows 7やVista、XP(Pro)でも同様のテクニックが使えます。
連続稼働で重くなる原因は色々と考えられますが、有効な対処法の一つです。