Androidで突然電源が切れる現象の直し方

Nexus 7で、電池残量がまだ有るのに突然電源が切れる事があります。
具体的には、20%残っているのに突然「シャットダウンします」と表示され、勝手に電源OFFになる等。

最初びっくりしたのですが、これ、どうやら電池残量の表示がズレてしまっているだけのようです。
つまり、本当は0%なのに、20%や15%有るように見える状態になっていると。
バッテリー自体に異常があるわけではない模様です。


Nexus 7のバッテリー残量ログ
バッテリーのログを見ると残量が突然0%になっている


電池残量表示がズレる原因

原因はハッキリしないのですが、フル充電をしないのが発症の要因のようです。
うちのNexus 7は、電池寿命を延ばす為、電池残量が20%まで減ったら80%まで充電するようにしています。
これを繰り返す過程で、徐々に残量表示にズレが生じているようです。


電池残量表示を直す方法

分かっていれば実用上問題は無いけど、やっぱり直したい!ということで、電池残量を正常な状態に戻したいと思います。
色々調べた結果、一度100%以上まで過充電してやれば、残量の表示が正しくなりそうだということが解りました。

例えば、(本当は残量0%なのに)20%で電源が切れるということは、20%ぶんズレてるので、100%を超えて20%ぶん充電してやれば補正されるという考え方です。
これで正しいかどうかは解りませんが、実際やってみた所、手持ちのNexus 7では正常な残量表示に戻りました。

以下、その手順です。

1. スリープ状態や電源が入っている場合は、電源を完全に切る。
2. AC電源(コンセント)で充電を開始、フル充電するのに充分な時間だけ放置。
3. 電源ON。100%充電されているのを確認。

要するに、普通に充電するだけですね(^_^;
この後、前回電源が切れた残量まで使ってみて、勝手にシャットダウンしなければOKです。


これはAndroidをOSとするスマホ、タブレットの何れでも起こり得る現象です。
どんなケースでもこれで直るとは限りませんが、一度お試しください。


関連記事
Androidで画面が真っ暗なまま反応しなくなった時は