Fire TV Stick の消費電力

Fire TV Stick (2017~2018モデル) の消費電力はどのくらいでしょうか。

ワットチェッカーで計測すると、 消費電力はほぼ常時 1W~2W でした。

初回電源投入時、ビデオ再生時 (プライムビデオとHulu)、スリープ時に計測しましたが、何れも同程度でした。非常に低消費電力ですね。

スリープと復帰

ほとんど問題ない範囲ですが、スリープ中でも動作時と同程度の電力を消費します。
なお、HDMI出力はスリープ中も継続しているようです。

スリープへの移行と復帰は何れも速く、復帰時はリモコンのボタンを押せば即座に操作可能になります。
これらのことから考えると、スリープにより画面は消去されますが、HDMI出力を含めFire TV Stickの動作はそのまま継続しているものと思われます。

PS3と電気代を比較

参考までに、PS3 (CECH-2500B)で Huluの消費電力を測ってみました。
PS3でのビデオ再生時の消費電力は、63W前後でした。

なんと数十倍の差です。PS3は多目的なゲーム機ですので単純に比較はできないものの、技術の進歩を感じさせられますね。

1ヶ月あたりの電気代は、仮に 1日平均5時間の視聴で、1kWhあたり25円として計算すると、

  • PS3
    • 63W × 5時間 × 30日 = 9.45kWh = 236円
  • Fire TV Stick
    • 2W × 5時間 × 30日 = 0.3kWh = 7.5円
    • 2W × 24時間 × 30日 = 1.44kWh = 36円 (スリープ含む)

と、200円程度の差額になります。
微々たる額のようですが、もし2年使えば 4,800円ですから、使い勝手の良さも考慮すれば、Fire TV Stickを購入して損はないように思います。

夏頃には2018~2019モデルが出る可能性はあります。しかし現行モデルの性能は特に問題なく、上位の4k対応Fire TVも存在する為、現行とあまり違いはないかもしれません。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://itpc.blog.fc2.com/tb.php/197-e519b7c6
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザ用)