表示中サイトの TLS バージョン等を確認する

Webサイトを https化した時などに、ちゃんと TLS で接続されているか調べたい場合は、PC版 Chrome のセキュリティパネルで確認できます。

chrome_security_tls.png
ChromeのDeveloper Tools 「Security」パネル

セキュリティパネルの表示手順

  1. Chrome で確認したいサイトを開く。
  2. Ctrl + Shift + I でデベロッパーツールを表示。
    • またはメニューから その他のツール>デベロッパーツール を選択。
  3. Security タブを選択。
  4. 左側ペインの Overview または サイトURLを選択。
    • 左側にサイトURLが表示されていなければ、Ctrl + R などでページを再読み込みする。

表示されたセキュリティ情報の Connection (Protocol) で、TLS 1.2 などで認証及び暗号化されていることが確認できます。

また、左側に Non-secure origins が表示されていれば、それらは TLS/SSL なしで (httpで) 転送されています。

SSL と TLS

TLS は SSL の後継バージョンです。
SSL は既に脆弱性が発見されており、現在では TLS のみの利用が強く推奨されています。しかしながら一般には、TLS も含めて SSL と呼ばれる事も多いようです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://itpc.blog.fc2.com/tb.php/199-b6b944b4
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザ用)