Windows Update のクリーンアップで空き領域を増やす

Windows の自動更新などで Windows Update が実行されると、次第にストレージ (HDD・SSD) の空き領域が減っていきます。
その理由はもちろん、Windows 自体のサイズが増加する為でもあるのですが、実は Windows の動作に必須ではないファイルも残されたり、作られたりしています。

そのような削除しても良いファイルのうち、アップデート前の状態に復元する為のバックアップ(復元ポイント)は、一定期間後に自動的に削除されます。

しかし、過去にインストールされた更新プログラム情報は、不要ですが残ってしまいます。これは既に Windows で使われておらず、再利用されることも無いため、削除しても問題ありません。空き領域は数GB程度増える可能性があります。

また、アップグレードのログファイルも自動削除されません。こちらも Windows の動作には無関係で削除しても構いませんが、トラブル時に役立つ可能性があるため、残しておくことが推奨されています。

クリーンアップの実行方法

過去の更新プログラム情報の削除は、Windows の設定から簡単に行なえます。
まず、スタートメニューの ⚙ 歯車マークなどから「Windows の設定」を開き、メニューを下記の順にたどります。

システム > ストレージの項目ストレージセンサーにある「今すぐ空き領域を増やす

windows_update_cleanup1.jpg
Windows の設定 > システム > ストレージ

複数の削除対象項目とチェックボックスが表示されますので、その中から、「Windows Update のクリーンアップ」にチェックが入っていることを確認しましょう。なお、既にクリーンアップされている場合は、項目自体が表示されません。

削除対象項目のうちのいくつかは最初からチェックされていますが、上記の通りアップグレードログファイルは外しておいたほうが良いかもしれません。その他も、必要がなければチェックを外します。「縮小表示」と「一時ファイル」は削除しても大丈夫ですので、チェックを入れておきます。

windows_update_cleanup2.png
Windows Update のクリーンアップ中

確認がおわったら、上部にある「ファイルの削除」ボタンを押すと、不要ファイルの削除が開始されます。

完了までの時間

「Windows Update のクリーンアップ」にはかなり時間がかかります。数十分から1時間以上かかる可能性もありますので、PC の稼働時間に余裕があるときがオススメです。

削除中は進捗状況が表示されず、ちゃんと動いているのか不安になりますが、タスクマネージャで CPU の負荷など見ると動作していることが確認できます。
Everything などのインデックスを作るタイプのファイル検索ソフトが常駐している場合は、完全に終了させておいたほうが進捗が早くなるかもしれません(…関係ないかも)。

なお、「今すぐ空き領域を増やす」機能は Windows に以前から搭載されている「ディスク クリーンアップ」とほぼ同等のようです。「ディスク クリーンアップ」は今後廃止される予定ですが暫くの間は利用可能で、そちらでも削除できます。

※ 2018年10月現在の Windows 10 で確認。

関連サイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://itpc.blog.fc2.com/tb.php/205-96cf2aea
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザ用)