Rakuten Hand のレビュー / 使用感と注意点

Rakuten Hand を先日購入しました。
全般的なレビューは既に他サイトに沢山あるので、このレビューでは購入前に気になっていた点と実際の使用感、注意点を中心に書きます。

縛りなし実質 0円で買えるスマホ

0円で維持できる衝撃的な料金プランを発表した楽天モバイル。
ZERO宣言に記載されているように、料金プランだけでなく契約手数料や解除料(違約金)、SIM再発行手数料なども 0円としており、携帯電話キャリアとしては革命的な料金体系といっても言い過ぎではないでしょう。

その楽天モバイルが2020年12月に発売したスマートフォン Rakuten Hand は、税込み 2万円という販売価格ながらミドルレンジの性能で非常にコストパフォーマンスの高いモデルです。
更に2021年2月現在では、Rakuten Hand 購入と回線初回契約でキャンペーンに参加すれば楽天ポイントが 25,000ポイント程度付与される為、実質無料になった上に更にポイントを貰えるという信じられないほどお得な状態になっています。

2021年2月現在は在庫切れ

さすがにスマホも回線も実質無料というのは魅力的すぎて、新プラン発表後一週間程度で Rakuten Hand の在庫は底をついてしまったようです。
現在は在庫切れで購入できず、販売の再開は 3月中旬以降の予定です。

基本スペック

Rakuten Hand
ディスプレイ 5.1インチ 有機EL / 1,520×720
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 720G
オクタコア 2.3GHz + 1.8GHz
RAM 4GB
ストレージ 64GB
電池容量 2,750mAh
OS Android™ 10
メインカメラ 約4,800万画素 (広角) + 約200万画素 (深度測位)
内側カメラ 約1,600万画素
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
SIM eSIM
USB USB Type-C / USB 2.0
機能 指紋認証、顔認証、GPS、NFC、FeliCa、
おサイフケータイ、テザリング
防滴 / 防塵 IPX2 / IP5X
重量 129g

なお、外部メモリ(SDカード)、ワイヤレス充電、急速充電、赤外線通信、ワンセグ、フルセグは非対応です。
Rakuten Hand のスペックの詳細は下記を参照。

画面サイズ

画面のサイズは最近のスマホにしては小さめで 5.1インチの有機ELです。
また、16:9 (テレビの縦横比) より長辺が長いタイプの画面です。
やや小さくは感じますが、コンパクトで重量 129g なのは大きな利点でもあります。

解像度

解像度は 1,520×720 とフルHDではないので画質が気になる所ですが、実際は充分に綺麗だと感じました。発色も良好だと思います。
サイズが小さめな為、ピクセル密度自体は高い事が幸いしているのではないかと思います。

保護フィルム

保護フィルムは標準では付いておらず、貼る場合は別途購入することになります。

Rakuten Hand は画面の左右両端が曲面になっており、保護フィルムは貼りにくい形状です。
また、表示領域の両端は僅かに平面部分からはみ出しているので、平面部分だけに保護フィルムを貼るのはオススメできません。
平面用の保護フィルムを曲面まで貼ろうとしても端が浮いてしまったり、ガラスフィルムであれば割れてしまったりするでしょう。
その為、Rakuten Hand 対応を謳う保護フィルムであっても、後述の指紋認証を含め実際に不具合がないか評判を調べてから購入するほうが良いでしょう。

ただ保護フィルムが必須かといえばそうではなく、画面のガラスはしっかりしているので、保護フィルムなしでも簡単には傷つかないものと思います。

スマホケース

保護フィルムを貼ることが難しい為、スマホケースは有ったほうが良いでしょう。
何らかの方法で画面を保護できる構造のケースがオススメですが、その意味で相性が良いのは手帳型ケースです。

公式の Rakuten Hand 手帳型ケース は少々お高いのですが、Rakuten Hand 用のケースは非公式のものも含め既に沢山出ていますので、好みのものを選ぶことができます。

画面操作

タッチパネルの感度

タッチの感度は良く問題なく操作できますが、両端がほぼベゼルレスで握りやすい形状になっている為、端っこの部分に指が当たって反応してしまう事がありました。
やはりその意味でも、ケースがあったほうが良いでしょう。

明るさの自動調節

照度センサーが過剰に反応してしまう為か、明るさの自動調節が適切に働かず、明るすぎてしまったり暗すぎてしまったりすることが何度かありました。
少し調べてみた感じでは他に同様の症状を書いている方はいなかったので、単に個体差なのかもしれません。

プリインストールアプリ

楽天のアプリが10種類弱とおサイフケータイ、Google のデフォルトアプリのみがインストールされています。楽天のアプリはほとんどがアンインストールできますが、有っても邪魔にならない程度のものです。

事実上の必須のアプリは、無料通話/SMSの「Rakuten Link」と利用状況確認・設定アプリの「my 楽天モバイル」のみです。
ほぼ素の Android ですので、手間がかからず自由にカスタマイズできるのが良い所です。

ランチャー (ホームアプリ)

ランチャーは一般的な形式のものと楽天オリジナルの2種類が入っています。
デフォルトのものでも充分使えますが、Google Play ストアから好みのランチャーをインストールすることもできます。

指紋認証

画面内にセンサーが内蔵されており、画面下部に指を触れるだけでロックを解除できます。
予め電源ボタンを押す必要もなく、指を触れてからほんの2、3秒で認証が完了します。

正しく指を置けば認証精度も良好で、ロックの解除に失敗することはほとんどありません。
指紋は Android の設定画面から複数登録できるので、両手の指の登録はもちろん、家族の指を登録しておくといった使い方もできます。

なお指紋認証の代わりにPINでもロック解除できますので、指紋認証が万一動作不良になった場合でも大丈夫です。
また、登録してない指を置けば認証に失敗する為、セキュリティ的にも問題なさそうです。

この画面内の指紋認証は実際使ってみると非常に便利です。
ただし、保護フィルムで認証しにくくなったり、精度が悪くなる場合もあるようですので、保護フィルムを買うときは動作報告があるかなどを予め調べたほうが良いでしょう。

電池

電池容量は 2,750mAh です。
標準的な容量で、多くはないのですが、電池の持ちは悪くありません。
頻繁に使っても1日、時々触る程度ならば数日間は持ちます。

充電

充電用のACアダプタと USB Type-C ケーブルが付属しています。
急速充電には対応していないものの、1時間ちょっとの充電で80%程度までは充電可能です。
充電についての詳細なデータは後日改めて掲載予定です。

カメラ

カメラの画質は意外に良く、安価なスマホとは思えないほどでした。
暗所でも真っ黒にならず、ちゃんと撮影できます。
実際の写真は他のサイトでご覧頂ければと思います (すみません手抜きです😅)。

SIM カード

SIM は eSIM のみの対応で、nanoSIMカード や microSIMカードは使えません。

端末と回線をセット購入した場合、eSIM の情報は本体と一緒に届きます。
基本的には、付属の小冊子(スタートガイド)に従って設定すればすぐに使えるようになりますが、スマホかPCの知識が多少有る方でなければ初期設定は難しいかもしれません。

eSIM とは

eSIM は書き換え可能なデジタルの SIM で、そのためのチップが Rakuten Hand 本体に組み込まれています。
eSIM 対応端末は現在のところ少ないですが、今後は eSIM が主流になる可能性が高いようです。

SIM の入れ替え

物理的な SIMカードはありませんが、他の eSIM 対応スマホに SIM を移すことは可能です。
入れ替えは SIM の再発行によって行います。再発行手数料は無料なので、気軽に何度でも入れ替えられます。

SIM ロックフリー

Rakuten Hand は SIMロックされていない SIMロックフリーのスマホです。
ただし対応する Band (周波数) と VoLTE の関係で楽天モバイル以外での利用は難しいかもしれません (詳細はスペック参照)。

Rakuten Hand 総評

安価とはいえ評判も良いので期待を持って購入したのですが、期待以上でした。
特に前面指紋認証、有機ELディスプレイ、カメラ画質などはこの価格とは思えないほどです。

4GB RAM なのも嬉しい点で、CPU 性能も良いのでサクサク動きます。特に重いゲームなどでなければ大抵のアプリは動作可能でしょう。
欲を言えば本体背面の R はもっと小さいほうが…と思いますが、筐体も安っぽくなく、なかなかカッコいいです。
総じて満足できる出来栄えで、価格以上の価値を感じるスマホです。

楽天モバイルは本気だ

正直に言えば、僕はこれまで楽天にあまり良い印象を持っていませんでした。
アメリカのIT企業と比べて日本のITは大きく遅れていて、度々言われるようにガラパゴス化しており、楽天もまた例外ではないと感じていたからです。

しかし楽天モバイルが今やろうとしているのは恐らく、携帯電話のIT革命なのです。
かつてヤフーBBがADSLで日本のインターネット環境に革命を起こしたように、楽天モバイルは携帯電話の世界を劇的に変えるかもしれません。

楽天モバイルのサービスはまだ荒削りで、使う側が工夫をしなければならない所が多いのも事実ですが、それを補えるほどの魅力的な料金プランと端末があります。

各種手数料もほとんどが不要で、特に解約時に違約金を取らないことは非常に潔いと感じます。
それは今後も改善を続け、他社よりも良いサービスを提供するという宣言でもあるのだろうと思います。

参考

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://itpc.blog.fc2.com/tb.php/233-29733efa
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザ用)