楽天ひかりの IPv6 が開通するのはいつ?

楽天ひかりは IPv6 (IPoE/クロスパス) 接続に標準対応していますが、IPv6 の開通までは少し時間がかかる場合があります。
楽天ひかり開通までの大まかな経過と、IPv6 の開通日について解説します。

楽天ひかり開通までの日数

フレッツ光または他社光コラボからの移行の場合、開通まで概ね一ヶ月弱かかります。(2021年3月現在)

  • 毎月5日までの申込 ⇒ 翌月1日開通工事
  • 毎月15日までの申込 ⇒ 翌月10日開通工事
  • 毎月25日までの申込 ⇒ 翌月20日開通工事

楽天ひかりの開通直後は IPv4(PPPoE) 接続のみが可能で、その後準備が整い次第 IPv6 も使えるようになります。
なお、新規の申し込みの場合も順調に行けば1ヶ月程度で開通するようです。

申し込みから開通までの経過

楽天ひかりに申し込むと、Eメールで「楽天ひかり お申込完了のお知らせ」が届きます。
続いて翌日頃、「楽天ひかりご利用開始日のお知らせ」が届きます。このEメールに開通予定日が書いてあります。

その後、開通予定日の一週間前までに郵送で「ご契約内容のお知らせ」が届きます。
この封筒に契約内容やアカウント情報、接続設定ガイドが入っています。

開通の一週間前には、SMSで「楽天ひかり ご利用開始のご案内」が届きます。
そして開通日になると、まずは IPv4 (PPPoE) で接続できるようになります。

なお新規の場合は、申し込みから数日以内に楽天ひかり工事受付センターから工事についての電話連絡があります。

IPv6 は開通日の翌日から使える?

SMSで届く「楽天ひかり ご利用開始のご案内」には次のように記載されています。

※IPv6のご利用は工事日の翌日からお使いいただけます。
なお、事業者変更・転用でお申込みの場合は前のプロバイダのIPv6オプションの解約状況によって楽天ひかり開通の翌日にIPv6が使えない可能性がございますのでご了承ください。

以前のプロバイダで IPv6 を契約していると、IPv6 の開通までに日数がかかる場合があるようです。

ではそれ以外は翌日から使えるかというと、そうとも限りません。

翌日に IPv6 で繋がらない場合もある

私は以前のプロバイダでは IPv4 だけの契約でした。
しかし IPv6 は翌日に開通せず、使えるようになったのは 3日後でした。
理由は不明ですが、IPv6 が使えるようになるのは翌日~数日後だと考えておいたほうが良さそうです。

IPv6 が使えるようになるとメールが届く

IPv6 が使えるようになると「IPv6開通完了のお知らせ」のEメールが届きます。

翌日に開通しないと、こちらの機器や設定の問題で繋がらないのか不安になりますが、メールが届くまでは未開通の状態ですので心配しなくても大丈夫です。

サイトでも IPv6 開通を確認できる

楽天ひかり(楽天ブロードバンド)のメンバーズステーションの表示状態の変化でも、IPv6 が使える状態かどうかを間接的に確認できます。

楽天ひかりの公式サイト 右上の ≡メニュー からメンバーズステーションにログインして、「IPv6接続(IPoE)」のお申し込みボタンを押します。
すると、IPv6 未開通の状態では「現在、お申込みのお手続き中です。」というエラーメッセージが表示されます。

楽天ひかり IPv6 未開通のときの表示
楽天ひかり IPv6 未開通のときの表示

開通後は「現在、IPv6接続(IPoE)を利用中です。」という表示に変わります。

楽天ひかり IPv6 開通後に表示が変わった
楽天ひかり IPv6 開通後に表示が変わった

こちらで確認した限りでは開通前日はエラー表示されており、開通日に「利用中」になりましたので、この方法でも間接的に IPv6 の開通確認ができるものと思われます。(2021年3月現在)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://itpc.blog.fc2.com/tb.php/235-1449807d
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザ用)